連帯保証人の借金を知らないうちに相続!亡くなる前に確認を!!

私の父は癌の手術の入院後突然口がきけないくらい具合が悪くなってしまい、そのまま退院することも会話することもままならないまま亡くなってしまいました。
遺産整理の際、父の遺産にはマンションと土地があることが分かりました。ですが父は過去に友人の連帯保証人になったことがあり、もしかしたら借金があるかもしれないと色々調べてみました。
発覚していた連帯保証人になってしまった借金は完済していたんですが、色々調べてみると連帯保証人の借金の場合、連帯保証人という立場が相続されるので、元々の債務者が亡くなったり、返済できない状態になるなどして債務者が連帯保証人にうつった場合、私が借金を負うということが分かりました。つまり、父が連帯保証人になっていた場合、父の遺産を相続する際私も連帯保証人になってしまうということです。
しかも故人自身に借金があるのかどうかはCICやJICCなど調べる術がありますが、連帯保証人の場合調べる術がありません。普通に遺産相続をして何年も経ってから突然借金を負うことになってしまうということです。これは故人が生きているうちにしっかり確認しておくしか方法はありません。
そして結局私は相続放棄を選びました。私も過去に父が連帯保証人になっていたことだけは母に聞いて知っていたので遺品の書類などを片っ端から確認しました。その時その完済したものの他に連帯保証人に関する書類は出てきませんでした。ですが私には家族がおりますし、万が一他にも発覚していない連帯保証人になっていたらと考えるととても怖くて相続はできませんでした。しかも債務者がきちんと返済していなかった場合、発覚した時にはもしかしたら利息で膨れ上がって大変な額になっているかもしれません。土地とマンションを放棄するのはとても勿体なかったのですが、リスクを考えるとそうせざるを得ませんでした。
遺産相続について問題になることは沢山あると思います。遺産分割などでももめますが、マイナスの遺産で苦労する方も沢山いらっしゃいます。そして当人がなくなってしまってからでは調べるのはとても大変です。皆さんも是非確認できるうちに確認されることをお勧めいたします。
そして遺族にそういった心配をかけそうな方は必ずお子さん達に教えておいてあげてください。あるかないか分からない借金で大事な遺産を放棄されてしまうかもしれません。